練馬区のリサイクル絵本屋 えほんのがっこう|絵本の販売、買取
  • 練馬区のリサイクル絵本屋 えほんのがっこう|絵本の販売、買取

  • THE SCHOOL OF A PICTURE-BOOK PICTURE-BOOK
  • トップ
  • えほんのがっこうとは?
  • おすすめえほん
  • えほんショップ
  • えほんをうる
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • blog
pctop

はたきがけこうしん

新刊絵本『はたきがけこうしん』販売中!

badge
送料サイドバー
決済
新着絵本
お得なセット絵本
テーマから選ぶ
カートのなか

商品検索
カテゴリー


facebook blog
絵本専門のリサイクルショップ えほんのがっこう

Facebookページも宣伝

フリーページ
スマートフォン
rss atom

えほんのがっこう 4歳おすすめ絵本5選



4歳

4歳になると絵本に出てくる登場人物に感情移入できるようになってきます。この子は何を考えているのか?この子はどのように感じたのか?など人物の気持ちを理解しようとし始めます。それは実生活にもあらわれ、友だちなど他者の気持ちを考えることができるようになっていきます。取り方や感じ方は子どもによってまったく異なります。絵本の楽しみ方がまた一つ広がる4歳、たくさんの絵本と出会ってほしいですね。
 

1、『はちうえはぼくにまかせて』

 
はちうえはぼくにまかせて

ジーン・ジオン/マーガレット・ブロイ・グレアム/もりひさし/ペンギン社


「ぼくね、夏休みに旅行する人の鉢植えを世話するんだ。近所の人はみんなぼくのおきゃくさんだよ。」旅行に行く人の代わりに鉢植えのお世話をすることにした男の子トミーの物語。植木鉢1個お預かりで1日2セントです。

自分の鉢植えではなく、お金をいただいて他の人から鉢植えを預かるという発想が面白いですね。お金をいただいている以上、ただ預かるだけではいけません。喜んでいただけるように、しっかりお世話をしなければなりません。置き場所を考えたり、水をあげる量を調節したり、伸びすぎた箇所があれば刈り込みをする必要もあります。「どうすれば喜んでもらえるのか?」自分で考え、問題を解決していきます。しかも、解決するだけはなく+@まで生み出してしまうなんて・・・。トミーという少年には驚かされるばかりです。

   

2、『おじさんのかさ』

 
おじさんのかさ

佐野洋子/講談社
  

おじさんは、とっても立派なかさを持っていました。黒くて、細くて、ぴかぴか光った杖のようでした。おじさんは、出かけるときはいつも、かさを持って出かけました。少しくらいの雨は、ぬれたまま歩きました。かさがぬれるからです。

雨が降ったら傘をさす。それは当たり前のことだろう・・・と言われてしまいそうですね。でも、おじさんにとっては違っていました。傘を大事に想うからこそ、汚したり傷つけたくないと思っていたのでしょう。それだけ大事にしたいと思えるものがあるのって素敵なことですよね。でも、ふとしたきっかけからついにおじさんの傘が開かれる瞬間がやって来ます。自分の知らなかった世界を知ったおじさんの心境に変化はあらわれるのでしょうか。

   

3、『ジャイアント・ジャム・サンド』

 
ジャイアント・ジャム・サンド

ジョン・ヴァーノン・ロード/安西徹雄/アリス館
 

チクチク村にとんできた4百万匹のハチのたいぐん。どうにもこうにももうたまらん。みんなで集まった時、パンやのおじさんが言った。「ジャイアント・ジャム・サンドつくってわなにしたら?」

4百万匹のハチの大群が村を襲います!そんな状況になったら、人々はパニックになって逃げ惑うことでしょう。村を救うために、パンやのおじさんが中心となり、みんなでジャイアント・ジャム・サンドづくりに取り掛かります。ハチの数も圧倒的なら、ジャイアント・ジャム・サンドのインパクトも圧倒的。なんて大味な絵本なんでしょう。このインパクト大な物語が子どもたちの笑いを誘っていきます。豪快に笑いたいたい方必見のユーモア絵本です。

   

4、『おっと合点承知之助』

 
おっと合点承知之助

斎藤孝/つちだのぶこ/ほるぷ出版
 
おじいちゃんと子どもたちの楽しい会話が描かれている絵本です。最初のページを開くと、子どもたちから「こえにだしてよんでね」というお願いが。そうなんです!この絵本は声に出して読むと、数倍にも面白さが増す絵本なんです。登場するのは付け足し言葉という言葉遊び。「その手は桑名の焼蛤」「しーらんペッタンゴリラ」聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。大人は懐かしい気持ちを思い出し、子どもたちは新しい発見をする。おじいちゃんやおばあちゃんと読んでみるのもおすすめです。

   

5、『ももたろう』


ももたろう

松居直/赤羽末吉/福音館書店
 

昔、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。ある日、おばあさんが川で洗濯をしていると、川上から桃が流れてきました。お家に帰って桃を割ろうとすると、なかからかわいい男の子が出てきました。

日本の昔話絵本は数多く出版されていますが、やはりお子さんにはしっかりとした本格的な昔話絵本を読んであげたいですね。松居正さんと赤羽末吉さんが生み出したこちらの『ももたろう』は擬音語がふんだんに散りばめられたリズミカルな文章と、力強い挿絵が見事にマッチした作品です。ダイジェスト版ではなく、本格的な昔話絵本を読みたい!という方にはぜひおすすめしたい作品です。
   

いかがだったでしょうか。大きくなっていく自分を意識し始める年頃です。自分の感情、相手の感情、様々なものと直面することになるかもしれませんね。そういった人との関わり合いの中で子どもたちは少しずつ成長していきます。絵本を通じて、子どもたちにはたくさんの経験をしていってほしいと思います。その経験が糧となり、自分を手助けしてくれる日がきっとやってくるはずです。
   
銀行振込
お振り込み先の口座はご注文確定後、ご連絡させていただきます。

・商品発送後、1週間以内のご入金をお願い致します。
・ご注文時にいただいたお名前でお振込ください。
・1万円以上お買い上げのお客様は先払いとさせていただきます。
クレジット決済
PayPal
「ペイパルとは?」
ペイパルは、インターネット上の便利な【デジタルおさいふ】です。ペイパルにクレジットカード情報を登録しておけば、
IDとパスワードだけで決済完了。お店に大切なカード情報を知らせることなく、より安全に支払いができます。
ペイパルアカウントの開設は、決済方法でPayPalを選択して必要事項を入力するだけなのでかんたんです。
ゆうメール
【配送業者】日本郵便(ゆうメール)
【送料】全国一律200円(商品総額5000円以上は無料)複数商品をご注文頂いても、お客様の指定された送り先が同じであれば送料は200円となります。
同梱をご希望の場合はご注文の際、備考欄に記載をお願い致します。
※海外への発送はお受け致しておりません。
※重量によりゆうパックを選択することがございます。あらかじめご理解いただければ幸いです。